« 「大京都展」(和菓子編) | トップページ | 銀座のドッグカフェ »

2005/03/21

「大京都展」(佃煮編)

 「京都といったら、やっぱり山椒ちりめんでしょ!」というわけで、今回の大京都展でもお店が出ていました。山椒ちりめんといえば、私は「いづみや」の物しか食べたことがありません。今回の催しでは「野村佃煮」という店が出店していました。

DVC40027

 販売している京都のおばちゃんが楽しい人でした(^^)。私がマスクをしていたら「お客さん、花粉症ですかぁ?。それならヨーグルト、毎日食べたらいいよ、私それで治ったから」からトーク開始です。「まずは食べてみて、ちりめん山椒。おいしいよ。農林水産大臣賞とったしね♪」。食べてみると、確かに美味しいです。いづみやの山椒ちりめんは山椒がよく効いている感じ、こっちのはちりめんじゃこの味が少し濃い感じ。とてもウマイです。何度も試食させてくれました。結局購入。

P3207182

 その横をみると、「ふきのとう」がありました。これもまた、おばちゃんの話によると花粉症にもいいようです(^o^)。試食してみると、春の香りがいっぱい!、先日ふきのとうの天ぷらを職場の送別会で食べましたがそれよりはるかに美味しく、ごはんに合いそうです。これも買いました。

P3207183

 楽しいトークが続き、あさりの佃煮や、柴漬けの昆布入りなども思わず買いそうになってしまいましたが、何とか踏みとどまりお店を後にしました。「おおきに!、これからも長いお付き合いをね〜」っておばちゃんの最後の言葉。
 夕食に両方食べましたが、炊きたてのごはんにめちゃめちゃ合います。ホント、美味しかったです。
 はやく京都に行きたくなってきました。

|

« 「大京都展」(和菓子編) | トップページ | 銀座のドッグカフェ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69036/3380044

この記事へのトラックバック一覧です: 「大京都展」(佃煮編):

« 「大京都展」(和菓子編) | トップページ | 銀座のドッグカフェ »