« ピュアモルトの多機能ペン(最近お気に入り文房具2) | トップページ | いつでもどこでもブロックロディア(最近お気に入り文房具4) »

2009/04/10

手帳に差せる美しい多機能ペン(最近お気に入り文房具3)

 現在愛用している高橋書店の手帳リシェルのペンホルダーに差している多機能ペンはこれ。

Img_7761

 プラチナ萬年筆のDOUBLE ACTION R3「MWB-2500R」です。プラチナ萬年筆は文字通り万年筆で超有名ですが、ボールペンも秘かに優れものを作っています。
 手帳を購入したときに一緒に買った「MWBS-2000」はこれよりもうちょっと安いボールペンでしたが、イマイチデザインが気に入らずこのボールペンを買い直しました。

Img_7762

 最大径10.5mmの細軸に黒・赤ボールペンとシャープが付いています。メーカーHPによると「加工困難な12角の面処理を施したボディーがメタリックカラーと一体化した優美な風格を表現しています」とあります。確かにかなりカッコイイ。

Img_7764

 芯の出し方は回転繰り出し式。捻って出す方式ですが、このペンの優れたところは、それぞれの芯の間にカチッとおさまる場所があること。これはシャーボXにもない優れた機能だとすずりん的にはかなり感心してます。もちろん軸がぶれることもなく、細くてもとても書きやすい。

 実際の手帳の記入には今のところ100%サラサを使用しているのですがcoldsweats01、やっぱり私のリシェルのペンホルダーにはこの美しいペンが様になってるなぁと見るたびに思うすずりんなのでした。

|

« ピュアモルトの多機能ペン(最近お気に入り文房具2) | トップページ | いつでもどこでもブロックロディア(最近お気に入り文房具4) »

文房具」カテゴリの記事

コメント

メタリックの綺麗なボディ、それに書きやすさとか、ご満足のペンですね。
少ししか使わなくても、書きやすいのに出会うと嬉しいです。

投稿: kazuyoo60 | 2009/04/10 13:12

kazuyoo60さん、こんにちは。
このところ、ペンの話ばっかりなのにやさしいコメントありがとうございます。もう少し、文房具ネタ続けさせていただきます(^_-)

投稿: すずりん | 2009/04/13 12:59

こんにちは。
先日学校の卒業祝いにMWBS-2000をいただきました。
現時点では専らシャープペンとして使っているのですが、
すずりんさんの記事にある3枚目の写真のように、
下部のキャップの取り外し方が分からず、
芯を補充できないことに気付いて困っています(笑)
すずりんさんはどのようにキャップを外されたのか、
ご教授いただけないでしょうか。

投稿: なっちゃん | 2010/07/01 18:53

なっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
キャップを外すのはとても簡単。先の部分をエイッと引っ張るのみ。すると3枚目の写真のようになります。それぞれを交換する場合(もしくは芯を補充する場合)、また引っ張ればよいです。やってみてくださいね!

投稿: すずりん | 2010/07/08 22:25

すずりんさんこんにちは。
お返事ありがとうございます。
ひょっとしたら引っ張るのかな...?って
一度考えたんですが、不安で試してませんでした。
安物と違ってふたを外しても丁寧な造りですね。
大切に使おうと思います。
この度はありがとうございました。

投稿: なっちゃん | 2010/07/13 12:58

なっちゃんさん、こんにちは。
プラチナのボールペン、なかなか高品質でいいですよね。ながく使えるペンになりそうですね。

投稿: すずりん | 2010/09/17 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69036/44604881

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳に差せる美しい多機能ペン(最近お気に入り文房具3):

« ピュアモルトの多機能ペン(最近お気に入り文房具2) | トップページ | いつでもどこでもブロックロディア(最近お気に入り文房具4) »