2008/12/16

癒されてます!「Pénélope tête en l'air」

Img_8807s

 2ヶ月ぶりの更新だというのに、トイレの写真スタートでスミマセンcoldsweats01
 というのも私との最初の出会いが、実はうちのトイレの中だったのでした。トイレのマットにはカワイイ動物のイラスト、カバーにはフランス語らしい「Pénélope tête en l'air」の文字。そういえば、はなりんが前日NHKキャラクターグッズの店でなにやら購入してたっけ。

Img_8826s

 その正体は、はなりんがベイビーズと一緒にテレビで見始めた「Pénélope tête en l'air(ペネロペ テタンレール)」です。
 ところで皆さんはこのペネロペ(写真の右、青い方)、いったいなんの動物だかわかりますか?
 私は漠然とツキノワグマなのかなぁ?と思って見始めたのですが、ところがドッコイ!?大間違い!。HPで調べてみるとペネロペは「3歳のちいさなコアラの女の子、うっかりやさん(テタンレール=tête en l'air)」だったのでした。そうか、コアラか、有袋類の袋だったのね、納得。

Img_8806s_2

 それ以来、はなりん、ベイビーズ、私とペネロペ大好きになっちゃいまいた〜lovely絵本もちゃくちゃくと買い揃えています。
 この絵をごらんになるとピンとくる方もいらっしゃるかと思いますが、ペネロペの作者は「リサとガスパール」で有名なフランスのアン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベンという御夫婦。うちにもガラス製のティーポットの絵がリサとガスペールだったので私も少し知っていました。絵の具で描いたようなやわらかなタッチと綺麗な色合い、うっかりやさんのペネロペを巡るお話はとっても素敵な世界です。

Img_8805s

 現在NHKで毎日一話5分間放送されている「うっかりペネロペ」も素敵なアニメーションです。ベイビーズも大好き!で、録画した放送を流しはじめるとご覧の通り、画面を食い入るように見つめています。

 絵本の世界観が100%生かされているこのアニメ、声優の方の声も優しく、内容も原作にのっとっていてのんびり面白く、登場するキャラクターもめちゃくちゃカワイイ。20数話しかないらしく、来週終わってしますのがとても残念でなりません。

 仕事で疲れた心もベイビーズと一緒に見るペネロペで癒されている毎日でした。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/31

「PLUTO 003」待ってました

 待望の漫画「PLUTO(プルートウ)003」が発売されました\(^_^)/

P3301900

 今度の第3巻の表紙はウランちゃん。あのアトムの妹のウランがこんな女の子になるんですから、作者の浦沢さん、すごすぎ!
 昨日買ったのですが、まだ読んでいません。というのも「ダヴィンチコード」を読んでいる途中だから・・・最近は読書で至福の時を過ごしています。

Dvc40356

 私が現在の職場に来て、とても嬉しかったことの一つがこれ。浦沢直樹さんの代表作「Monster」が全巻揃っていたことでしょうか(*^_^*)。また、いつか一気読みしてみようかな♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/10/19

「タッチ」完結

 「めぞん一刻」に続いて、「タッチ」もビックコミックコンパクトで完結しました。(以下、ちょっとネタバレあります)

PA190932

 読み返してみても、やっぱりおもしろかった(^^)。近くのコンビニで買ってきて、読み始めるといつも一気読みでした。話の展開、コマ割、台詞、どれも完璧、たまりませんね。
 最終回の一回前、達也がアイドルとデートして南への愛を再確認してから、一転、次のページで「上杉達也は朝倉南を愛しています」「世界中のだれよりも」の河原のシーンへ。達也の足と南の背伸びしている足元のコマ。飛行機雲。
 う〜ん、うまいなぁ・・・!
 最終回、今までの登場人物の再登場から、和也の写真と最後のさりげなく飾られている甲子園優勝盾。忘れることのできないラストシーンです。

 2週前の20号もハワイに行っていましたが、コンビニの店長にお願いして取り置きしてて良かった〜。
 またいつか、昔の名作漫画をこうして読み返す楽しみを味わいたいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/13

「めぞん一刻」大団円

 ビックコミックコンパクトで続いていた「めぞん一刻」が、本日発売の第16号でめでたく大団円(だいえんだん・・・ではありません、今までそう思ってた私(^^;))を迎えました。

DVC40201 ビックコミックスピリッツで連載当時(1980年11月号〜87年4月20日号)から、大好きな漫画でした。
 これで、連載当時、単行本(全巻揃えてたはずが、見つからなーい(T_T))で読み返した時、そして今回と感動の全話を読むことができました。

 私の一番大好きなシーン、それは最終ページです。

 結婚した五代君と響子さんが生まれた赤ちゃんと一緒に一刻館に戻ってくるところ。。。
 赤ちゃんを抱っこした響子さんと五代君を囲んで、一の瀬のおばさん、四谷さん、朱美さん、犬の惣一郎さんがたたずんでいるシーン。何ともいえない幸福感が絵からにじみ出ています。いろんな登場人物がいたけど、やっぱりこのメンバーが最高でした。じーんとしちゃう1ページでした。

 コンパクトが全巻揃ったので、これでいつでも読み返すことが出来ます。
 とっても満足な「めぞん一刻」でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/04

「めぞん」と「PLUTO」

P5038226

 コンビニで偶然購入したビックコミックコンパクトの「めぞん一刻」。1巻から読みたくなり、彼女に、月末の混んでいる郵便局で5冊分のお金を発行している小学館に振り込んでもらいました。
 すぐに5冊は届き、今読んでいます。おもしろいです(^_^)v

 古い漫画ばかりではなく、現在進行形の漫画も買いました。浦沢直樹の「PLUTO」です。
 あ、でも、これも原案(鉄腕アトム)は、漫画の神様、手塚治虫ですね。。。これからの展開がますます楽しみ〜!

 5連休だったGWも今日から仕事です。まずは明日の朝まで、がんばらねば ヘ(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

今度は「タッチ」

 今日も彼女と待ち合わせがあり、ミニストップの座席コーナーへ。買った雑誌はビックコミックコンパクトの「タッチ」です。
 私にとって、タッチも「めぞん一刻」と同じ、まさに直球ど真ん中とでもいうのでしょうか。あの時期、あだち充、読んだなぁ。。。「ナイン」「陽あたり良好」「みゆき」などなど。この雑誌には「みゆき」と「じんべい」も載っています。
 今回の「タッチ」は柏木監督登場編。今読み返してみても、展開が上手!。おもしろいです。

 というわけで、これからも、また火曜日買ってしまいそうです。
 たのしみ〜(^^)

P4237919

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/18

「めぞん一刻」再び

 先日彼女との待ち合わせで、30分ほど時間をつぶさなきゃいけなくなり、近くのミニストップに入りました。ここは、座るコーナーがあり都合が良いのです(^^)
 雑誌コーナーを眺めると以前より気になっていた雑誌がありました。ビックコミックコンパクト「めぞん一刻」です。シリーズ第6号は主に五代くんのおばあちゃんが上京してくる編。読み始めたら止まらない!、やっぱりおもしろいです。
 思い返せば大学生時代・・・スピリッツが発売されるたびに真っ先に読んだものです。今回読み返してみても、管理人さんの揺れる気持ちとか五代くんの情けなさや一の瀬さんや四谷さんの絶妙の脇役キャラなど、るーみっくわーるどをたっぷりと楽しませていただきました。
 彼女も読み始めると、その勢いで、本屋さんで文庫版の最終巻を買ってしまいました。最後を読まないと落ち着いて読んでいられないそう・・・そういう読み方もあるんですね(^_^)

DVC40063

| | コメント (2) | トラックバック (0)