2005/02/18

クレジットカード偽造、その後

 2月3日の記事で私のクレジットカードの偽造の話をしましたが、その後の報告です。
 まず、同じお財布に入っていた他のクレジットカードが偽造されていないかが心配になりました。すぐさま、各クレジットカード会社に電話。
 メインのカードであるJALダイナースカードに電話すると、対応の女性は今ひとつピンと来ない口ぶりでした。最近の利用状況では大丈夫みたいですね〜、なんで電話してきたの?、みたいな感じ。う〜ん(-_-;)、でも一応安心。
 VISAカードは、一応セキュリティー部門に電話を回してくれ、男性の係の人が対応。最近利用もなかったので、これまた大丈夫、安心です。ま、普通の対応かな。
 ANA JCBカードは最初なかなか電話は繋がりませんでしたが、繋がるとすぐセキュリティー部門に回され、おかしい利用はないが偽造されたカードと一緒の財布の保管であれば、即刻カードは廃止するとのこと。一番しっかりとした対応と感じました。

 とりあえずの心配はなくなりましたが、実はもう一つの心配がありました。なぜ、UFJカード(クレジットカード)会社が、偽造を見破ることができたのか?。私の職場にかけてきた電話は、実は引っかけの詐欺電話だったのではないか?、ということです。お金を振り込んだわけではありませんが、かかってきた電話の時は相手が私のクレジットカードの番号を言い、私が有効期限を言いました。それが実はカードの情報をつかむための引っかけだったのでは???。1日何万件もの利用があるはずなのに、わかるわけないじゃないか?という心配です。
 そこで、早速こちらからUFJカードに電話しました。しばらくした後、先ほど電話してくれたセキュリティー部門の女性(同一人物)が出てくれ、偽造の事実を再確認できました。その時の話では、カード会社では会員の利用状況を刻々とチェックしており、不審な点があれば、すぐ確認、偽造であれば利用停止するとの話でした。

 昨日NHKの「クローズアップ現代」でキャッシュカードの偽造・スキミングを取り上げていました。中でクレジットカード会社には、会員の利用状況のおかしな点をチェックするコンピューターソフトがあり、それが有効な効果をあげているとの報告がされていました。なるほど、これがそうだったのか!、と昨日は一人で納得。
 
 UFJカードとJCBカードは返送しましたが、その際のアンケートの質問事項で、最近クレジットカードを利用or置いた場所として「ゴルフ場・スポーツクラブ・マッサージ店・風俗店・その他(忘れました)」があげられていました。私はスポーツクラブを利用しています。今では、スポーツクラブに行く時は、クラブ会員証と運転免許証orスイカと小銭のみを持っていくようにし、セーフティボックスは利用しないようにしています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/03

クレジットカードが偽造されました

 お昼過ぎ、職場にUFJカードから電話がありました。1月29日頃、愛知県方面で食事をしましたか?、という内容で、もちろん行ってもいないし、食事もしていない(北海道に行っていたし (-_-;))と答えたところ、私のクレジットカードが偽造され利用されたことがわかりました。最近、ゴルフ場のセキュリティーボックスのキャッシュカード偽造のニュースは聞いていましたが、まさか私が・・・とビックリです。
 その時の電話の話では、海外でのセーフティボックス使用での偽造が最近増えているとのこと。もちろん私の件がそうなのかはわかりせん。使用されたのは20数万円だそうですが、保険が適応され請求されることがないとのことを説明されちょっとホッとしました。カードは即時利用停止となりました。
 怖いですね。クレジットカードだから良かったというわけではありませんが、キャッシュカードでお金引き出されたら今のところ保障もされずパーですし。。。
 みなさんも十分お気をつけくださいね。私もこれから相当気をつけるつもりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)