2010/12/03

「ポルトフォイユ・フロリン」のお土産

  12月1日夕方、はなりんと子供たちがJO71便でハワイより帰国。飛行機の中ではイイコな子供たちだったそう。確かに少し大人になった気がする、、、、、旅は子供を成長させますね。

Resize0039

 さて、2週間日本で留守番してた私にはなりんがお土産を買ってきてくれました。おぅ、立派な箱入り~。ありがとう~happy01

Resize0040

 ルイヴィトンのダミエ・グラフィットの財布「ポルトフォイユ・フロリン」です。
 ワイキキのお店で最後の一点だったそう。あってよかった!(っていつもそう言われて買ってる気もするけど)
 実は渡ハ前に千葉そごうに移ったルイヴィトンのお店で下見はしていたのでした。現在使っているのはタイガのチャック付きで、それはとても使い良かったのだけど、皮の部分がはげてきたのとカード入れが4つしかなく、カードを重ねて入れていたので買い替えることにしたのでした。

Resize0042

 最後までタイガにするかダミエ・グラフィットにするか迷ったけど、こちらを選択。
 今度の財布はご覧の通り、カードポケットが8つ。ということは、二つ折りの間に一枚仕切りが入っている感じです。

Resize0041_3

 もちろん小銭入れもありますよ。その左側には窓付きポケット。運転免許証でも入れるのかなと思ったけど、はなりん一言「子供たちの写真入れよ」って。うん、確かにその通りだねsign03

Resize0043

 千葉そごう店の店員さんにも勧められましたが、ワイキキ店でもイニシャル入れのサービス付き。ドカーンと「T.H」入れさせていただきました~。

Resize0044

 とりあえず、カードと免許証入れてみました。重なることなくすっきりです。子供たちの写真も入って、ちょっと分厚めのお財布ですが、去年買ったショルダーバッグとデザインお揃い、お気に入りの財布になりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/09

体重オーバーにご用心

 今回の子供と一緒のハワイ旅行。現地でははなりん両親が一緒だし、子供たちも成長したしで、私としてはかなりのんびりゆったりハワイだったんだけど、唯一心配だったのが飛行機に預ける受託手荷物の重さでした。

 6月9日のはなりん・子供たち・お母さんの成田空港出発日。出発ロビーでエスティマから4人と荷物を下ろし、私は空港駐車場に車を置いてから遅れて向かうと、なんとJALのエコノミーチェックインカウンター脇では、スーツケースを開けてあくせく中の荷物を移動しようとしているはなりんの姿bearingと、後ろの列の迷惑そうにその姿を眺めているおじさんおばさんの冷たい視線angryが!

 預けたスーツケース大の重量が24kgだったそうなんです。ハワイ便エコノミークラスの重量制限は50ポンド(23kg)まで。あぁ~、1kgオーバーじゃん。自宅の体重計で荷物もって計ったときには大丈夫だったはずなのに~crying
 一昔前までは、スーツケースの重さなんてあらかじめ計ったこともなかったし、実際詰め込めるだけ詰め込んで(重量オーバーだったんじゃないか?)もオッケーだったような記憶があります。やはり、経営再建中の日本航空、、、厳しくなったんですね。

 子供用の衣類やら日用品やら、特に日本製のおむつやおしりふきなど、なんだかんだで重くなっていたようです。無理やり機内持ち込み手荷物に押し込んでなんとか23kgクリアー。無事出発となったのでした。

 さて、今回のハワイステイ。独立記念日のセール時期にも重なり、子供たちの衣類を中心に、おもちゃ、レゴ、はなりんの服、キッチン用品、私のシャツ(エアロポステールが安い!、ポロ・ラルフローレン、ホリスターなども調子に乗って買ってしまった)などなど、盛りだくさん。おむつ・おしりふきはなくなりましたが、行き以上の荷物になってしまいました。

 スーツケースのパッキングははなりん担当。スーツケース大2個、スーツケース小2個ではやはり23kgオーバーになってしまい、あわててABCストアでビニール製のしょぼいコロコロつきバッグ2個も追加、計6つとシングルベビーカー1台の受託手荷物となりました。
 帰りのチェックインカウンターは長蛇の列。列の途中に重量計があり、スーツケース大を乗せ無事23kg以内でクリア。良かった~happy01

 そんなわけで、受託手荷物の体重重量オーバー、皆さんも気を付けてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/08

レインボーハワイ

 6月29日夜出発、はなりん・子供たち・kazu・お母さんと合流し、のんびり満喫したハワイから今日7月8日帰ってきました。

Resize0028

 私の到着日の午前中から雨rain
 ハワイの雨はもちろん一瞬なんだけど、私がハワイに来てから、朝に夕に虹を見ることが多かったそう・・・確かに一瞬の雨、多かったかなぁ。
 それまでの3週間は雨らしい雨、降らなかったそうなんです。

 ま、虹の州ハワイだもんね。日本じゃめったに見る機会もないし、子供たちもラナイから虹を発見するのが得意になったみたいだし、いいとするか。

Resize0029

 昨年冬、まだ1歳5カ月だったベイビーズと行ったハワイより、2歳11カ月になった子供たちの成長を実感できる旅でもありました。

 今度は何歳になった子供たちと一緒にハワイに行けるのかなぁairplane

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/18

ティファニーボールペンの替え芯2(子連れでハワイ 番外編)

 「人生にティファニーを」・・・ってな理由を無理矢理こじつけ、今回の初の子連れハワイの記念に大好きなティファニーボールペンを買う気満々だった私。
 ベイビーズへのラトルのプレゼントのお礼もかねてYukoさんに会いにみんなで伺いましたが、買おうと狙っていた1837の中軸ボールペンはあいにくの在庫切れcrying。結局はなりんの滞在中にも入荷の連絡は入らず、、、

Img_7746s

 さて、太軸のティファニーボールペンはアトラスのものを持っています。軸の太さ12mmは太軸好きの私にはちょうどいい感じですが、さすがに46gの重さは手応え十分、いやちょっと重いかな。

Img_7749s

 以前紹介したCaduceus(カーデュサス)のボールペン替え芯(リフィル)にはクロスのものが合いますが、太軸のリフィルはパーカー互換のリフィルを使用します。
 ティファニー標準リフィルはもちろん油性の黒なんだけど、私はちょっと違った色を入れています。最初はパーカーの油性のブルーにしてみたんだけど、イマイチだったんで・・・

Img_7750s

 パーカーのHPを調べて使ってみたのがジェルインクのブルーのリフィル。これが結構滑らかで色も鮮やか、気に入りました。

Img_7753s

 でもそこに問題が発生。このリフィル、輸入筆記具など売り場が限られててなんといっても値段が一本840円!、こりゃ高いよ。
 安いのがないか色々調べてみると、アメリカの文房具屋さんで安く売っているとの情報をゲット。

Img_7752s

 早速kazu義父と一緒にラナイの椅子を買いに出かけたときに文房具量販店である「Office Depot」(ワード)と「Office Max」(アロハタワー近く)に寄ってみました。
 広い店内にはたくさんのリフィルがありましたが、まったく普通かつ何気にパーカーのリフィルも置いてあり、値段は2本で$6ちょっと。1本あたり300円くらいって、安い!
 あまりに安かったので、ついでに黒のジェルインクも買っちゃった。

 そんなわけで、毎週月曜日にスタッフ全員で廻るときにアトラスボールペンのブルーのジェルインクが大活躍している「子連れでハワイ」が遠い昔のことのように思える今日この頃でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/01

超キモチいぃ〜!カイルアビーチパーク(子連れでハワイ その4)

   ベイビーズ♂の風邪の具合が良くなり、ベイビーズ♀はまだ熱も出ず元気だった13日、はなりんがまだ食べたことのないブーキモのパンケーキを食べに裏オアフにみんなで向かいました。
 ブーキモのパンケーキとは、カイルアの街にある行列のできるパンケーキ屋さん「ブーツ&キモズ」で食べられる、あの甘そうでいて甘くなく何とも表現しようのない美味しさのマカデミアナッツソースのかかったパンケーキのこと(ブーキモ記事はこちら

Img_7177s_2

 ブーキモ前は相変わらずのにぎわい。ベイビーズ♂はおとなしく待っていられず抱っこしたりクルマに乗ったり、落ち着かなかったのでお店に入ることは諦めました。
 パンケーキ二皿とオムレツ一つを私・はなりん・kazuじいじ・ベイビーズ♀でシェア。パンケーキとオムレツ大好きはなりんは「ハウツリーラナイのオムレツより美味しいよ」って感激したみたい。ハッシュドポテト好きのベイビーズ♀もポテトをちょっぴり食べることができました。

Img_1072s_2

 その後はクルマでラニカイへ。
 ラニカイの街の一方通行路をクルマでゆっくり周り、kazuじいじ一押しの海に通じる路よりラニカイビーチへ。
 冬場にしては天気は最高のラニカイビーチでしたが、ベイビーズは海に慣れてないのか、太陽が眩しすぎるのか、足を海につけてもいやがるばかり、大人のように2つの島の景色を楽しむわけでもなく、記念撮影のみ済ませ早々と撤収〜

Img_7213s_2

 ちょうどお昼すぎの時間だったので、近くのカイルアビーチパークで一休みすることにしました。平日だし、公園はとっても空いてる〜。

Img_7305s

 作ってきたお弁当やお菓子を落ち着いてベンチに座って食べているのはほんのつかの間。

Img_1172s

 早速カイルアビーチパーク探検に出発!

Img_7208s

Img_7211s

 おっと〜、履き慣れないクロックスだったので脱げちゃって裸足っす〜。靴履かなきゃだめだよ〜

Img_1160s

  左へ

Img_7241s

 奥へ

Img_7242s

 そして左へ

Img_7244s

 キモチいい〜!

Img_7277s

 楽しぃ〜

Img_7227s

 待てぇ〜い!

Img_7316s

 ベイビーズ♂が走っている先にはカーディナルや鳩などの鳥さんがたくさんいるのでした。

Img_7278s

 待って〜、鳥さーん!

Img_7232s

 あたちも走るよ〜!

Img_7282s

 ベイビーズ♀は手を繋いで一緒に歩いてくれるので、ちょっとホッとします。

Img_7276s

 kazuじいじ、ブログネタ撮影中。

 最高に楽しそうなベイビーズ。
 私たち大人にとってもノーンビリ、空気がウマーイ。
 ハワイのビーチパークって、こんなに楽しかったんだ〜。
 カイルアビーチパーク、超気持ちイイ〜。

 苦労して飛行機往復してまでハワイに子連れで来たくなる、そんな気持ちが一瞬にして実感できるカイルアビーチパークになりました。

 また、子連れで来てぇ〜なぁ〜happy01、ハワイ!

続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/31

ハワイで発熱!小児科受診(子連れでハワイ その3)

 順調にTシャツ短パンショートパンツで過ごしていたハワイ3日目の1月11日の夜。元気だったベイビーズ♂の頭がやけに熱い。はなりんが体温を測ってみると39.4度もありました。とりあえず日本より持ってきた解熱剤「アンヒバ坐薬」を挿肛。翌朝になっても熱は38度以上あり、啖が絡んだ咳も少し出るようです。
 今まで大人だけの旅にはクレジットカード付帯の保険だけで済ませていました(実際に使ったことはありませんが)が、今回の子連れハワイには、子供たちのために海外旅行保険に加入していました。バラ掛けできる海外旅行保険、損保ジャパンの「OFF!オフ」のパンフレットを見ながら、1月12日の朝緊急コールセンターのフリーダイヤルに電話しました。

 すぐに担当の女性が電話に出てくれ症状を話しますと「すぐ受診できるER(大人向け)と、別の小児科専門医を紹介できます」とのこと。全身状態はそれほど悪くなさそうだったので小児科専門医を希望すると紹介してくれたのが「Dr. Saegusa」のクリニックでした。午前8時30分から受付だそうです。
 早速8時半過ぎに電話。ネイティブの日本人女性が電話に出てくれすぐさま9時過ぎに予約が取れました。元気なベイビーズ♀とお義母さんを残し、私・はなりん・Kazuお義父さん・ベイビーズ♂の4人でアラモアナショッピングセンターの駐車場へ。

Img_1004s

 クリニックはショッピングセンターに隣接してるアラモアナビルの19階。日本の開業医とはちょっと違った雰囲気、オフィスビルのフロアの奥にさりげなくあるって感じです。

Img_1005s

 間違いない、Saegusa Jiro MDのクリニックですね。来る前に「地球の歩き方 リゾート 子供と行くハワイ 」を読んだら、三枝先生が子供の急病について説明しているページがありました。超ベテランの先生のようです。

Img_1000s

 清潔で明るい室内。日本語まったくOKで、すぐさま看護師さんが対応してくれました。保険証券とパスポートを見せ症状と保険請求書類を記入。ベイビーズ♂の体重と体温測定。ベッドのある診察室で待ちます。
 ほどなく、Dr. Saegusa登場。やさしく、気さくな先生でした。ベイビーズ♂が食欲もあり、機嫌よく遊んでくれることを確認後、全身を診察。聴診上心配してた肺炎はなく、耳に関しては大きな耳垢を丁寧にとってくれた上診察、軽度の中耳炎を併発しているとのことでした。
 診察途中、私たちが千葉から来ていることを話すと、とたんに話が大盛り上がり。Saegusa先生は千葉県の出身らしく、成田周辺のことも大変詳しいようでした。
 その話の途中で私の心の中にはどうしようもなく思い当る人物が現れましたが、そのことは切り出せずに診察終了。そんなに心配する必要もなく、海に入っても良いよ、お薬を処方しましょうとなりました。

Img_1001s

 処方箋は3枚発行。抗生物質は10日間飲みきること、風邪症状に応じて風邪薬、解熱剤のシロップを内服することになりました。
 薬は薬局で購入し領収証を保管しておくことを指示されましたが、診察は旅行保険のキャッシュレス診療で自己負担はありませんでした。その際、看護師さんにふたごの女の子がいることを伝えると「あらぁ、それじゃまた診察にくるかしら、パパママにもうつるかもね、その時は電話で予約してきてね」とにっこりされました。

Img_1006s

 薬局は同じアラモアナビルの5階にありました。エレベーターで下り、窓口で処方箋を渡します。しばらくすると名前を呼ばれ薬を渡されました。3種類で$40位。こちらはいったん自己負担、クレジットカードで支払い、帰国後保険会社に請求することになります。

Img_7165s

 薬は左からペニシリン系の抗生物質、解熱剤に小児用の風邪薬です。いずれもピンク色の甘そうなシロップ。注射器や蓋に付いてるスポイトで量を量って与えます。

 この中で特に感心したのが真ん中の解熱剤「pain reliever」。これは処方箋がなくても購入できる市販の薬でした。内容はアセトアミノフェン80mg/0.8cc。10kgの体重だとちょうど1ccの投与量になりますから、ベイビーズ♂には1.2ccをスポイトでお口の中に注入しました。お薬が濃い味らしく、すかさず自らマグカップの麦茶をグビグビ。すると、ま、当然なんですが、30分くらいでと熱が37度台前半までスッと下がりたちまち元気になりました。とても使いやすく切れ味抜群のチェリーフレーバーのシロップ剤。これが30cc入ってて$4位なんです。安いしどこでもいつでも売ってて便利だわぁ。

 さて、話が脱線しましたが、幸いベイビーズ♂は2日もするとほとんど風邪症状も治まりました。でも案の定といいますか、今度はベイビーズ♀が14日から発熱と風邪症状。15日にSaegusa先生にまた診ていただくことになりました。所見も処方もまったく同じ、やっぱりふたごちゃんですね。
 その際、先生が私の勤め先(保険請求書に書く欄がありました)を尋ねてきたのでその話で大盛り上がり、思い切って私が社会人2年生の時から大変お世話になっている同姓の先生の話をしたところ、なんとSaegusa Jiro先生はその方のお兄さんだったのでした〜happy02
 どひゃ〜、世間は狭いなぁ〜、知らんかった~、やっぱり兄弟似てまっせ~!

 そんなわけで、子連れでハワイには海外旅行保険が必須です。でも、具合が悪くなっても、安心できる小児科の先生がいるからこれからも安心なハワイですね。

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/30

7人乗りミニバンはやっぱり便利(子連れでハワイ その2)

 今回の子連れハワイで借りたレンタカーは7人乗りミニバン「DODGE Grand Caravan」。真ん中と後ろの席にレンタルしたチャイルドシートを設置、3列目の席も座りやすくさらに後ろには双子用ベビーカーも余裕で置ける、緩い乗り味がハワイにぴったりの大きなミニバンでした。

Img_0880s

 到着翌日の10日は天気も快晴、みんなでドライブです。写真はノースショアマーケットプレイスでトイレ休憩しているときのベイビーズ♀。ベイビーズは2人とも運転席に座ってハンドル・ウインカー・ワイパー・ギア(動きませんが)をカチャカチャ動かすのが大好きで、それはアメ車になっても変わることはないようですrvcar

Img_0831s

 朝の9時半頃スタートでまずは行ってみました、KCCファーマーズ・マーケット。私もはなりんも初めてでした。めちゃめちゃ混んでて駐車場に停めるのが一苦労、そして朝市は大賑わい。お腹が一杯だったので美味しそうなロコフードを食べることはできなかったけど、今度は朝食抜いて色々食べちゃおうっと。

Img_0897s

 その後は一気にノースへのロングドライブ。お約束のジョバンニのガーリックシュリンプをいただきます。今まで以上に油ギトギト、やっぱり美味ですぅ。

Img_6975s

 その後、ラニアケアビーチのウミガメさんに会いに行きましたが残念down振られてしまいました。
 ハレイワの街に戻ると、やっぱり週末ならはずせないっしょ!

Img_6984s

 もくもくdashぐるぐるtyphoonフリフリチキンだぁheart02
 焼きたて出来たてをチョップにしてもらい、エビでお腹はほぼ満タンでしたがクルマの中みんなでアツアツimpactいただきまーす。やっぱ、この皮の味付け、最高ッすね。ベイビーズもちょっぴりいただいてみましたーdelicious

Img_0916_2

 帰りはアラモアナ・ショッピングセンターへ途中下車。今回のハワイ旅の大きな目的の一つ、子供服の「GYMBOREE(ジンボリー)」へGO!
 このジンボリー、値段は平均$20〜$30と比較的安い割には、洗濯しても丈夫だし、何しろアメリカらしいポップでキュートでプリティなデザインが最高。

Img_6989s

  はなりんとお義母さんが選んでいる間、ベイビーズは店内探検。ベイビーズ♂はいつの間にかロコの女の子と一緒にジンボリービデオの鑑賞会。

Img_7002s

 ベイビーズ♀は気に入った?売り物のカバンを3つも腕にぶら下げながらショッピング〜wink

Img_7010s

  僕の服だって選んでよ〜って声が聞こえてきそう。
 一杯服を抱えて会計にむかったはなりんですが、お義母さんがもらった$50 offのクーポン券が15日より開始だったそう。もう一度来店して選びなおすのはしんどいなぁと思っていたら店員さんが「取り置きしておきますよ」と親切にしてくれました。良いお店ですねー。

 そんなハワイドライブの一日となりました。やっぱりレンタカーは超便利ですね。

 今回のミニバンの7日間のレンタル代は保険料などすべて込みで$404.59。それに追加ドライバー1日$10、チャイルドシート1日$10x2。トータル$621.59(¥57,621)。値段も高かったので私が帰国した旅の後半は、両親と彼女とベイビーズはレンタカー無しのThe Busでの移動となりましたが、相当大変だったとのことでした。レンタカーの値段と便利さとの折り合い、考えどころですよね。

続く。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009/01/29

スクリーン前のバシネット(子連れでハワイ その1)

 1月25日、はなりん・お義母さん・ベイビーズの4人が、ほぼ満席だったJO71便にてハワイから帰国しました。めっちゃ大変だったろうけど、疲れた顔も見せずに4人ともとても元気。楽しい子連れでのハワイ旅行となりました。
 現地で撮ったデジカメも戻ってきて、すずりん版「子連れでハワイ」編をお送りします。まずはその1、ハワイ到着まで。(はなりん版も読んでいただければ幸いです)

 今回のハワイ旅行は、ロングステイしているはなりん両親に私たち一家が合流するというもの。まだ燃料サーチャージがバカ高い(確か45000円位だったかな?)昨年夏に、JAL国際線に電話して航空券を購入しました。子供運賃は無料なのかと思っていましたが、そうではなく大人の10%とのこと。席は確保されませんが、子供用の食事(チャイルドミール)が提供されます。
 席は以前より漠然と知っていた子供連れなら「スクリーン前」のリクエスト。足元がちょっと広いだけではなく、簡易型のベッドが利用できるからなんですね。

Img_6905s

 出発は1月9日の金曜日22時発JO72便。私も仕事は定時まで行い、急いで帰宅し夕食済ませてからエスティマで成田空港へ向かいました。金曜発だからでしょうか、席に余裕があったらしくチェックインでは時間がかかりましたが、係のひとがスクリーン前の両脇を私たち大人に配置してくれました。搭乗するまで確定ではありませんでしたが、真ん中2席は他の人が来ないだろう(つまり4人で横一列4席確保)とのことで、とってもラッキーな出発便となりました。
 搭乗直前まで、成田空港の免税店脇にあるプレイルームで遊ばせて疲れさせようっていう作戦でしたが、ベイビーズは新しい遊具で興奮気味。お目々パッチリで優先搭乗となりました。
 写真で見てもわかるように、テーブルが入っているため肘掛けは上がりませんが、席の前はかなり余裕がありウロチョロできます。スクリーンの明るさが眩しいことはありますが子連れにはおすすめの席といえますね。

Img_6916s

 興奮気味の搭乗となりましたがそれでもやっぱり疲れていたのでしょう、ベイビーズ♂はほどなく夢の中へ。私には狭いエコノミー席ですが、1歳5ヶ月の子供には十分すぎるほどの大きさの席でした。結局5時間半のフライト中、1回起きて愚図ったくらいの超お利口さんの初フライトでした。

Img_6908s

 一方こちらのベイビーズ♀。離陸からベルト着用のサインが消えるまでの間ずーっと泣きっぱなしshock。泣いている本人も辛かったと思いますが、周りの席の方たち、本当にご迷惑をおかけしました。
 客室乗務員の座る席周辺のスペースで抱っこし続けること数時間。途中1時間弱ほど眠ったでしょうか。その時利用した簡易型ベッド「バシネット」。体重10kgまで利用可能とのことでしたが、9kgちょっとのベイビーズ♀にはちょっと窮屈そうでした。もっとちっちゃな乳児には最適かもしれませんね。

 強烈な西風のおかげでハワイへの飛行時間は5時間半。着陸時にはやっぱりベイビーズ♀は大泣きでしたが、無事タッチダウン。暖かなハワイの空気を感じながら家族4人で初めてのハワイ上陸。到着口にははなりん両親が迎えに来てくれました。

Img_6935s

 7人乗りミニバンをダラーレンタカーで借りてH1でいざワイキキへ。1月とは思えない蒸し暑さの中、全てが初めての経験の子連れハワイが始まりました。

続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/17

ハワイのカフェでホッと一息

 つい先ほど、パッキング終了。とっても重かったので、スーツケースの重量を測ったらなんと40kg!もある。その原因はきっと「ジェミマおばさんのパンケーキ粉」12箱に違いない。JALの手荷物預けの規定は32kgまでだからさすがにこれじゃ超過料金取られちゃう。というわけで、あわてて近所のABCストアで安いバッグを買ってきてジェミマおばさんを移し変えたハワイ最後の夜。

Img_1094

 カフェじゃありませんが今回も行ってきました、移転した「カピオラニコーヒーショップ」。
 でもこうしてみると、後ろの看板「SUGOI」が気になりますよね。とってもはやっているお弁当屋さんでした。

Img_1100

 大好きだったボーリング場内にあった頃より小さくなった店内。メニューは変わらないようです。お目当てのオックステールスープは$12くらいします。結構高いなぁ。

Img_1103

 レギュラーサイズとスモールサイズです。
 肝心の味はというと、うーん、ちょっとしょうゆ味が強くなった印象かなぁ・・・前の方が美味しかったような気もします。

Img_1107

 前回頼んで美味しかったフライドライスも一緒にオーダー。量は相変わらずのてんこ盛りでした。
 最初に食べたときの感動って、人間慣れるにしたがってだんだん薄れていってしまうのかもしれませんね。

 さて、満腹になった我々はkazuさんナビで近くのコーヒー工場の一角にあるらしいカフェを探しました。

Img_1110

 車でウロウロして・・・・ちょっと先にありました~。
 ライオンコーヒーのカフェ「Lion Cafe」

Img_1139

 隣には売り物(?)の中古のコーヒーマシンが並ぶ建物内にパーキングもありました。

Img_1116

 お店の中はというと、天井にはむき出しの鉄骨が張り出していて、隣ではコーヒー工場が稼働中です。こんなところにカフェがあるなんて、結構ステキです。

Img_1125

 いつもお土産に買っているロイヤルコナコーヒーや、

Img_1127

 ライオンコーヒーがおそらく全種類売っておりました。

Img_1122

 コーヒーを注文すると、自分でカップを取って好きなコーヒーを注いでいただくシステムです。

Img_1118

 お世辞にも綺麗とはいえない店内ですが、なぜか落ち着くんだよなぁ。マカデミアナッツのフレーバー溢れるコーヒーをゆっくりたっぷりいただきました。

 毎晩通ったワイキキのモアナサーフライダーのホノルルコーヒーといい、このライオンカフェといい、ステキなカフェがいっぱいの今回のハワイでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/14

ヴェトナム式しゃぶしゃぶは最後のスープが美味い

 旅の最大の楽しみの一つは食事。ところが何度か来ている場所だと外しが恐いからついつい食べなれたいつもと同じものを食べてしまいます。私のハワイの場合、「レジェンドの飲茶」「ジョバンニのガーリックシュリンプ」「クアアイナのハンバーガー」「オックステールスープ」などなど。

Img_9301_5_1

 到着日の夜にも食べに来たカイムキにあるベトナム料理店「ハレベトナム」

Img_9298_2_1

 ここでもいつもは「No.1のフォー」と「生春巻き」が定番です。実際到着日の夜の疲れた胃にはこれが最高。
 でも今回はちょっと冒険して違うものに挑戦してみました。フリーペーパーのお薦めグルメに載っていた「ヴェトナミーズ フォンデュ」、、、ベトナム式しゃぶしゃぶです。

Img_0799

 これがその一式です。オーダーしたにもかかわらず、最初食べ方がわからなくてお店のお姉さんに作ってもらいました。
 写真真ん中上の硬いライスペーパーをボールの中のお湯に浸して柔らかくします。具の牛肉・海老・イカをなべに入れてしゃぶしゃぶしてから、ライスペーパーに葉っぱ・香草・にんじんとかと一緒に巻き巻きして、お好みで味噌をつけて召し上がれ。

Img_0801

 入れる具です。フォーのときも生の牛肉が別皿でサーブされることがあり、フォーのスープに浸して半生でいただくことがありますが、今回はそれがメインとなります。ベトナム料理の基本的食べ方なのかな。

Img_0803

 香草が食べられるかどうかがヴェトナム料理を楽しめるかどうかの分かれ目かもしれませんね。私は昔から大丈夫だったし、kazuさんも数年前からノープロブレムになりました。
 手巻き寿司と同じで、具を巻きすぎてまとまらなかったりもしましたが、フォーや生春巻きとは違った美味しさを楽しむことができました。

Img_0809

 さて、最大の美味しさはそれだけじゃなく、具を食べ終わった後のスープにありました。一緒にオーダーしたチキンチャーハンと一緒にいただくビーフとエビとイカと玉ねぎと香草類のだしが程よく抽出されたスープの味の美味しさといったら!。ピリ辛というか、タイ料理のトムヤンクンほどすっぱくも辛くもなく、すばらしい旨みが出ておりました。

 「ヴェトナミーズ フォンデュ」、これからいつもいただくメニューに仲間入りになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧